劇レアコイン
— 1817 George III Proof Sovereign —

  • イギリス 1817 年銘 ジョージ3世 プルーフソブリン金貨





    激動の時代を生き延びたプルーフ金貨:

    イギリスにおいて、ジョージ3世(在位:1760年10月25日 - 1820年1月29日)の治世は激動の時代と言われている。 60年に及ぶその長かった在位期間中には、 アメリカ独立戦争とフランス革命(ナポレオン戦争)の2つの大きな戦争を経験し、 また、経済・産業面では蒸気機関の発明とそれに続く産業革命と、 その後の英国のありかたを形作る重要な歴史の転換点をいくつも抱え、 まさに激震する「近世」と「近代」の切替え点であった。



    ギニー金貨からソブリン金貨へ切り替わる年:

    ナポレオン戦争による莫大な戦費により金備蓄が払底し、 17年におよび本位金貨の発行が中断していた国庫であったが、 いよいよ1816年から本位金貨の発行が再開されることとなった。 また、長らく中断していた貨幣製造を再開するにあたり、 古くなった製造設備の更新が計画され、それまでロンドン塔に置かれた工房から、 北東に隣接するタワー・ヒル地区に新築された造幣局へ製造ラインが移転された。 なお、この設備更新にあたり、ジェームズ・ワットとマシュー・ボールトンによる蒸気式自動造幣機械が初めて導入され、 職工の手作業による細微な操作が必要であったそれまでの旧式圧刻機と置き換えられた。 加えて、貨幣の額面を定めずに含有貴金属の量とその時々の金価格を連動させて通用価値を決定する相場変動通貨方式を改め、 金価格に影響されずに政府が額面通りの価値を保証する額面通貨方式に変更された。 そしてこれに合わせ、旧貨幣であるギニー金貨は新貨幣であるソブリン金貨に置き換えられ、 1ポンド(1ソブリン金貨)=20シリングに固定された。

    詳細情報:

    年号: 1817年
    タイプ: プルーフソブリン金貨
    カタログ番号: S-3785 KM.674 WR=196 (R5)
    メタル: ゴールド 0.9167
    統治王: ジョージ3世
    重量: 7.9881グラム
    直径: 22.05ミリ 発行枚数: 150枚
    表面: ジョージ3世の右向き肖像
    裏面: セントジョージと竜

    WR-196(R5) の一枚ですが、
    PCGS Deep Cameoはこの一枚しか存在しません。

    NGCではUltra Cameoが4枚ありますが、
    WR-196 か WR-197か定かではありません。

    WR-196のDCAM, UCAMのオンリーワンかもしれません。






    販売中:

    個人所有は数枚 R5 (現存6-10枚)
    PCGS DCAM 最高鑑定(鑑定はこれ一枚)
    1817年 英国 ジョージ3世 ソブリンプルーフ金貨 PCGS PR63+DCAM

    https://www.kinbai.com/catalog/detail/10234




  • 画像

    表面:勝利と栄光のシンボルの月桂冠を戴くジョージ3世の右向き肖像
      〈GEORGIUS III D:G: BRITANNIAR:REX F:D:1817〉の銘文
       (ブリタニアの国王にして信仰の擁護者、神の庇護を受けしジョージ3世)



    裏面:セントジョージと竜の図案