劇レアコイン
— 1671 Silver Rider —

  • オランダ 1671年銘 パターン(Pattern) シルバーライダー銀貨






    歴史:

    Ducaton, Ducatone, Ducatoon (記載方法が3つ存在)はクラウンサイズの16-18世紀に流通していた銀貨。 ミラノで1551年に初めて鋳造され、イタリアの各地域で色々なバリエーションが存在、流通していたそうです。 17世紀にはスペイン領のバーゲンディー(現フランス中東部)やオランダでも使われるようになりました。 1618年にアルベルトとイサベラ統治のもと統一されたDucaton(32.48グラム、0.944銀)が鋳造されました。



    シルバーライダー:

    シルバーライダーは1659年にオランダで初めて鋳造されました。
    32.779グラムで 0.941の銀で鋳造されていたそうです。

    馬に跨る騎士のデザイン(表)と、オランダ軍の紋章(裏)の美しい一枚です。
    馬に乗った騎士の下にある紋章は造幣局の紋章のようです。
    シルバーライダーは1798年まで鋳造されていたようです。
    1726年から1751年にかけては東インド会社で鋳造されていたそうです。

    The production of these silver riders must have been very small,
    making these pattern silver rider today very rare and desirable.

    http://www.coinfactswiki.com/wiki/Holland_1671_ducaton_Dav-4931


    コイン詳細:

    年号: 1671年
    タイプ: Pattern(パターン、試作貨、試鋳貨)シルバーライダー銀貨
    カタログ番号: KM#46, Dav-4931
    メタル: シルバー 0.941
    重量: 33.83グラム
    直径: 43ミリ
    発行枚数: 不明
    表面: 馬に跨る騎士のデザイン
    裏面: オランダ軍の紋章
    鑑定: NGCでは1枚(AU58), PCGSでは鑑定なし





    所在調査:

    調査中。。。



    販売中:

    1671年オランダ パターン (Pattern) シルバーライダー銀貨
    (現在は非売品。参考価格: 400万円〜)
















    参考価格:

    1673年シルバーライダー銀貨 NGC MS63+ (下記の画像)
    こちらはNGCで鑑定2枚あります。
    2020年8月ヘリテージオークションにて28,800ドルにて落札
    諸税など加えると340万円ぐらい
    KINBAI所有のコインがいかに希少かお分かり頂けるでしょう